今は、ここ:トップ>「InternetExploreの脆弱性対策」

InternetExplorerの脆弱性対策

最新情報(5月2日現在)

Microsoftが5月1日に「緊急」で更新プログラムをリリースしました。
WindowsUpdateを自動で実行するように設定している会員については順次自動的にUpdateが実行され今回の脆弱性に対する更新プログラムがインストールされます。

WindowsUpdateを自動実行させない設定の会員は各自でWindowsUpdateを手動で実行してください。

Windows Update 利用の手順

なお今回はWindowsXPのユーザーにも配布されることになりましたので諸事情あってWindowsXPを使っている方も今回はWindowsUpdateを実行してください。

また「EMET」を導入された方は、削除せずそのまま使い続けていただいた方がより安全です。

以下 5月1日以前の状況

InternetExplorerの脆弱性が発見され、対応パッチがリリースされるまでは危険ということで米国政府が使用を控え、別のブラウザーを使用すべきといった発表がされたことからユーザーの間に不安感が広がっているようです
・米、「IE」の使用中止を呼び掛け ネット閲覧ソフト
・Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される
 しかしながら、初心者にとってInternetExplorer以外のブラウザーを使用するとなると、インストールの仕方や「お気に入り」の取り込み等、慣れない作業を強いられることになるのでそちらの作業に対する不安も生じてしまいます。
 そこでここではInternetExplorerを使い続けるための対策をまとめましたので参考にしていただき、対応していただければと思います。

なお、対策について作業実施に自信がない10団の会員様については管理人が個別に相談に応じますのでお気軽に連絡ください。

まとめ情報

Microsoftから今回の問題に関するFAQのまとめが発表されています。

[FAQまとめ]セキュリティ アドバイザリ 2963983−InternetExplorerの脆弱性により、リモートでコードが実行される

InternetExplorerを使い続けるための対策がMicrosoftから発表されています。
ここを読んでご自身が使っているWindowsやInternetExplorerのバージョンに応じた回避策をとっておくことを強くお勧めします。

[回避策まとめ]セキュリティ アドバイザリ 2963938−InternetExplorerの脆弱性により、リモートでコードが実行される

なお、「回避策: EMET を導入する」は上級者向けの対策ですので自信がなければやめておいたほうが無難ですが「VMLの無効化」は是非実施していただきたいところです。

ただ、WindowsとInternetExplorerのバージョンによって入力する文字列が異なるため、作業自体がが煩わしいと感じる方もいらっしゃるようです。
そこで、そういった手順を自動的に実行してくれるフリーソフトが「IE6〜11の深刻な脆弱性の対策ソフト IE_Remove_VGX_DLL」としてリリースされていますので、そちらを利用するというのもいいでしょう。

「IE6〜11の深刻な脆弱性の対策ソフト IE_Remove_VGX_DLL」

最後に…
今回は、発見されたInternetExplorerの脆弱性とFlashの既知の脆弱性を組み合わせた標的型攻撃が発見されているので、InternetExplorerのアドオンの管理からFlashプラグインの無効化を実施しておくことも有効です。

さらに大切なのは…
怪しいサイトを閲覧しないということですね。特に怪しいメール内のリンクは絶対にクリックしないという心掛けが重要です。

参考(頑張ってEMETを導入しようとされる方へ)

EMET 4.1 を導入する (MURA's HomePage)